故イ未来利用規約

第1章共通条項

第1条(目的)

故イ未来利用規約(以下、「本規約」という。)は、えにさむ株式会社(以下、「乙」という。)がeラーニングサービス(以下、「本サービス」という。)を、本規約を遵守することを条件として利用契約を締結した利用者(以下、「甲」という。)に提供する際の提供条件を定めるものであります。甲が本サービスを利用するためには、本利用規約の全文をお読みいただいたうえで、すべてに同意していただく必要があります。

第2条(登録)

1.本サービスの利用申込にあたっては、甲は、本規約に同意の上、乙指定の本サービス利用申込フォームに虚偽の含まれない必要事項を入力し、乙に送信するものとします。 2.乙は、甲が、以下の各号のいずれかの事由に該当する場合は、録および再登録を拒否することがあり、またその理由について一切開示義務を負いません。

(1)乙に提供した登録情報の全部または一部に虚偽、誤記または記載漏れがあった場合

(2)反社会的勢力等(暴力団、暴力団関係企業、総会屋もしくはこれに準ずる者またはその構成員を意味します。以下同じ)である、または反社会的勢力等と何らかの交流、関与を行っていると乙が判断した場合

(3)過去乙との契約に違反した者またはその関係者であると乙が判断した場合

(4)その他、乙が登録を適当でないと判断した場合

第3条(乙の免責および保証の否認について)

1.乙は、本サービスが甲の特定の目的に適合すること、期待する商品価値・正確性・有用性を有すること、および不具合が生じないことについて、何ら保証するものではありません。

2.乙は、乙の故意、重過失による場合を除き、本規約の規定に基づく乙による本サービスの提供の中断、停止、終了または変更、会員の投稿情報の削除、会員登録の抹消、機器の故障もしくは損傷、その他本サービスの利用に関して甲が被った損害につき、賠償する責任を一切負わないものとします。

3.甲は本サービスを利用するにあたり、自己の費用と責任で本サービスを利用するために必要となるパソコン、スマートフォンなどの端末、インターネット回線、ソフトウェアその他の設備を用意するものとします。甲のインターネット回線の状況、パソコン環境、その他予期せぬ理由により、コンテンツの中断、速度低下、障害、停止若しくは利用不能、または授業の開催延期、中止などの事態などが発生した場合も、これによって甲に生じた損害について乙は一切責任を負いません。

当社は、本サービスに関連して甲が被った損害について、一切賠償の責任を負いません。

第4条(認証・パスワードの管理等)

1.甲は、本サービス利用にあたり、メールアドレス及びパスワードを登録し、利用を行うものとします。

2.甲は、本サービス利用のためのパスワード等を、譲渡・貸与・名義変更・売買等をしてはならないものとします。

3.甲は、自己のパスワード等の使用及び管理について一切の責任を負うものとし、パスワード等が第三者に知られることのないように努めるとともに、パスワードを設定するにあたり、他人に推察されにくい、十分な文字数を有し、かつ構成が複雑なパスワードを設定する等、不正なアクセス・ログインを防止する対策を実施する責任を負います。

4.甲は、前項にも関わらず、第三者にパスワードを知られたと判断できる場合には、直ちにパスワードを変更する等の対策を実施しなければならない。

5.盗難・紛失・不正使用・他人による無断使用等の場合(委託先等を含む。)を含め、甲のパスワード等の使用及び管理から生じた一切の損害について、乙は責任を負わないものとします。

第5条(権利帰属等)

本サービスに関する著作権その他の知的財産権は全て乙または乙に権利を許諾した第三者に帰属し、本サービスの利用登録の完了は、乙および乙に権利を許諾した第三者に帰属する著作権その他の知的財産権につき、甲に対し、複製、上映、公衆送信、頒布、譲渡、貸与、翻訳および翻案を許諾するものではなく、甲は、著作権法上認められる場合を除き、これらの行為をしてはならないものとします。

第6条(禁止事項)

甲は、本サービスの利用申込の際及び本サービスを利用するにあたり、下記行為をしてはならないものとします。 1.虚偽もしくは不正確な情報を入力・記載する行為。 2.他のサービス利用者又は第三者を誹謗中傷するもしくはそのおそれのある行為。 3.他のサービス利用者又は第三者の著作権、商標権その他の知的財産権を含む一切の権利を侵害する行為。 4.他のサービス利用者又は第三者の財産、名誉、プライバシー、肖像権を侵害する行為。 5.本サービスを通じて入手した情報もしくは乙から提供を受けた著作物等の知的財産を複製、販売、出版その他方法を問わず本サービスの目的の範囲を超えて利用する行為。 6.本サービスを利用した情報提供活動行為、営業活動行為。 7.本サービスの運営を妨げる行為、もしくは乙の信用又は名誉を毀損するあるいはそのおそれのある行為。 8.本サービスもしくは本サービスに類似したサービスを利用して乙と競合する業務を行う行為。 9.本サービスのネットワーク、システム等に過度な負荷をかける行為。 10.乙のネットワーク、システム等に不正にアクセスし、または不正なアクセスを試みる行為。 11.公序良俗に反する一切の行為。 12.その他、乙が不適切と判断する行為。

第7条(本サービスの停止)

1.乙は、以下のいずれかに該当する場合には、甲に事前に通知することなく、本サービスの全部または一部の提供を停止または中断することができるものとします。

(1)甲が、サービス料金をはじめとする乙に対する支払債務を、再三の要請にも関わらず履行しない場合。

(2)甲が乙に対して提供した利用申込フォーム等の記入内容に虚偽があると判明した場合。

(3)地震、落雷、火災、風水害、停電、天災地変などの不可抗力により、本サービスの運営ができなくなった場合。

(4)コンピューターや通信回線が事故等により停止した場合。

(5)その他、乙が停止または中断が必要であると判断した場合

第8条(本サービスの内容の変更、終了)

乙は、乙の都合により、本サービスの内容を変更し、または提供を終了することがあり、乙は、当該変更または終了により甲に生じる損害には一切責任を負いません。 なお、乙が本サービスの提供を終了する場合、乙は所定の方法により甲に事前に通知するものとします。

第9条(退会)

甲は、乙所定の方法で乙に通知することにより、本サービスを退会し、登録を抹消することができます。

第10条(本規約の変更)

1.乙は、甲の了承を得ることなく本規約を変更することができ、その場合、本サービスの提供条件は変更後の本規約によるものとする。 2.本規約の変更を行う場合、契約者に不利益となる変更については、乙は事前に甲に対し、変更後の本規約の内容を、電子メールをはじめとする乙による任意の手段でもって通知する。ただし、甲の責によると判断される事由によって、当該の通知が甲に到達しなかった場合であっても、本規約の変更は有効です。

第11条(個人情報の取り扱い)

1.乙による甲の個人情報の取扱いについては、別途乙プライバシーポリシーの定めによるものとし、甲はこのプライバシーポリシーに従って乙が甲の個人情報を取り扱うことについて同意するものとします。 2.乙は、甲が乙に提供した情報、データ等を、個人を特定できない形での統計的な情報として、甲の裁量で、サービス向上、改良、開発等の目的で利用および公開することができるものとし、甲はこれに異議を唱えないものとします。

第12条(譲渡等の禁止)

甲は、乙の書面による事前の承諾なく、本規約上の地位ならびに本規約から生じる権利および義務を第三者に譲渡または担保設定等できません。

第13条(準拠法および管轄裁判所)

1.本規約は、日本法を準拠法とし、日本法に従って解釈されるものとします。 2.甲乙間に本規約に関する紛争が生じたときは、東京地方裁判所を合意上の管轄裁判所とします。

第2章 有料会員特約

この有料会員特約は、本サービスのうち有料のサービス(以下「有料サービス」といいます。)を利用する甲のみに適用されるものとします。

第1条(有料サービスの登録)

有料サービスの利用を希望する甲は、乙が定める方法により、有料サービスの利用登録を行うものとし、有料サービス利用登録完了時に、有料会員特約を含む故イ未来利用規約に従った有料サービスの利用契約が甲と乙の間に成立し、甲は有料サービスを乙の定める方法で利用することができるようになります。

第2条(利用料金)

甲が有料サービスを利用する場合、甲は、乙の定める利用料金を、乙の定める方法により、支払うものとします。乙は、有料サービスの内容の変更等により、利用料金を改定する場合があります。なお、利用料金を改定する場合は、乙の定める方法により、甲に対し、事前に通知するものとします。甲が利用期間の途中で利用登録を抹消した場合を含め、理由の如何にかからず、甲は、すでに支払った利用料金の返金は一切受けられないものとします。利用料金の支払いを遅滞した場合、甲は当社に年14.6%の割合による遅延損害金を支払うものとします。

第3条(自動更新)

有料サービスの利用登録にあたり、利用期間が設定されている場合、同利用期間の満了にあたり、有料サービスの利用契約は、従前と同一の条件で自動更新されます。有料会員が自動更新を希望しない場合、甲は、乙の定める方法により、利用期間満了日の23時59分までに自動更新を停止する手続を完了しなければならないものとし、甲はこれらに同意するものとします。なお、当該契約が自動更新された場合、甲は、更新後の契約に係る利用料金を支払う義務を負うものとします。

第4条(契約終了後の取扱い)

甲が有料サービスの利用契約につき自動更新を停止する手続を行なった場合、利用期間満了日の経過を以って、有料サービスの利用契約は終了するものとします。ただし、甲が別途本サービスの利用登録を抹消し本サービスの利用契約を解約しない限り、本特約を除き、故イ未来利用規約が引き続き適用されるものとします。

第5条(利用停止等)

共有条項第6条、第7条および第8条に基づき、有料サービスの内容が変更され、また甲が有料コンテンツの提供を受けられなくなったとしても、変更の場合は、変更以降も従前と同一の利用料金が発生し、提供を受けられなくなった場合は、それら提供を受けられなくなった月までの利用料金が発生するものとします。また、これによって甲が被った損害について、乙は一切の責任を負いません。